論文

論文誌(査読付き)

  • 菅谷みどり, 松原豊, 住谷拓馬, 中野美由紀, IXM:ロボット制御ソフトウエア向け プロセス間通信ミドルウエア, 情報処理学会論文誌, 58巻-10号, 2017年. (掲載決定,ページ未決定)
  • 渡辺 晴美, 三輪 昌史, 元木 誠, 小倉 信彦, 久保秋 真, 細合 晋太郎, 菅谷 みどり, 久住 憲嗣, 学会実施のコンテスト型PBLによる組込みシステム教育, 工学教育,64巻-3号, pp.41-46, 2016年.
  • Midori Sugaya, Hiroki Takamura, Yoichi Ishiwata, Satoshi Kagami, Kimio Kuramitsu, “Online Kernel Log Analysis for Robotics Application”, Journal of Information Processing (JIP), Special Issue of “Embedded Systems Engineering”, Vol.21-No.1, pp.53-66, Year 2013.
  • 谷口一徹, 安藤友樹, 高瀬英希, 安積卓也, 松原豊, 細合晋太郎, 村上靖明, 菅谷みどり, 学生および若手技術者による組込みシステム技術に関するサマースクールの実践, 情報処理学会論文誌, 52巻-12号, pp.3221-3237. 2011年.
  • Sayaka Akioka , Yuki Ohno , Midori Sugaya , Tatsuo Nakajima , A Library-based Performance Tool for Multicore Pervasive Servers, Journal of Information Processing (JIP), IPSJ Journal and in the Information and Media Technologies, Vol.52-No.8, pp. 2378-2386, Year 2011.
  • Ki Duk Kwon, Midori Sugaya, Tatsuo Nakajima, “KTAS: Analysis of Timer Latency for Embedded Linux Kernel,” International Journal of Advanced Science and Technology (IJAST), Vol. 19, pp. 59-70, Year 2010.
  • 菅谷みどり, 中島達夫, 情報家電向けLinuxのCPU資源制限システムの設計と実装, 電子情報通信学会論文誌, Vol. 93-D No.10, pp. 2001-2010, Year 2010.
  • Midori Sugaya, Yuki Ohno, Tatsuo Nakajima, Lightweight Anomaly Detection System with HMM Resource Modeling. International Journal of Security and Its Applications (IJSIA) , Vol. 3-No. 3, pp.35-54, Year 2009.
  • Tatsuo Nakajima, Midori Sugaya, et al. ; Software Infrastructures for Building Ubiquitous Computing Environments, Journal of Computer Systems Science and Engineering, Vol. 22 – No. 3, 155-166, Year 2007.

国際学会(査読付き)

  • Atsushi Hoshina, Irini Giannopulu, Ryota Horie, Midori Sugaya, Measurement of the Effect of Digital Play Therapy Using Biological Information, 21st International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KES-2017), Marseille, France, 6-8, Sep, Procedia Computer Science, Vol.112, pp.1570-1579, Year 2017.
  • Yuhei Ikeda, Ryota Horie, Midori Sugaya, Estimate Emotion with Biological Information for Robot Interaction, 21st International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KES-2017), Marseille, France, 6-8, Sep, Procedia Computer Science, Vol.112, pp.1589-1600, Year 2017.
  • Junya Okazaki, Atsushi Hoshina, Midori Sugaya, Rehabilitation Robot for Elderly with Estimation of Stride, 21st International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KES-2017), Marseille, France, 6-8, Sep, Procedia Computer Science, 112, pp. 2004-2013, Year 2017.
  • Amari Tomoya, Atsushi Hoshina, Midori Sugaya, A Mobile Robot for Following, Watching and Detecting Falls for Elderly Care, 21st International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KES-2017), Marseille, France, 6-8, Sep, Procedia Computer Science, Vol.112, pp.1994-2003, Year 2017.
  • Atsushi Hoshina, Yoshiko Okada, Japan; Irini Giannopulu, Midori Sugaya, Haptic Virtual Approach: Biological Effect on Touching and Viewing, Human Computer Interaction International 2016 (HCII 2016), Toronto, Canada, Jul 17-22, Lecture Notes in Computer Science book series (LNCS), Universal Access in Human-Computer Interaction. Interaction Techniques and Environments (UAHCI 2016), pp. 261-270, vol.9738, Year 2016.
  • Yuhei Ikeda, Yoshiko Okada, Midori Sugaya, Estimate Emotion Method to Use Biological, Symbolic Information Preliminary Experiment, Human Computer Interaction International 2016 (HCII 2016), Toronto, Canada, Jul 17-22, Lecture Notes in Computer Science book series (LNCS), Universal Access in Human-Computer Interaction, Foundations of Augmented Cognition: Neuroergonomics and Operational Neuroscience (AC 2016), vol.9743, pp 332-340, Year 2016.
  • Okada Akiho, Midori Sugaya, Impression Evaluation for Active Behavior of Robot in Human Robot Interaction, Human Computer Interaction International 2016 (HCII 2016), Toronto, Canada, Jul 17-22, Lecture Notes in Computer Science book series (LNCS), Universal Access in Human-Computer Interaction, Novel User Experiences, vol.9733, pp.83-95, Year 2016.
  • Kazuma Fujimoto, Takeshi Sasaki, Midori Sugaya, Takashi Yoshimi, Makoto Mizukawa, Nobuto Matsuhira: A Collaborative Task Experiment by Multiple Robots in a Human Environment Using the Kukanchi System. The 9th International Conference on Intelligent Robotics and Applications (ICIRA 2016), Aug 22-24, Hachioji, Tokyo, V2, pp.276-282, Year 2016.
  • Satoru Nakayama,Miyuki Nakano,Atsushi Hoshina,Midori Sugaya.Responsible Server for Distributed Care Robots System.The First International Workshop on Smart Sensing Systems (IWSSS’16),Nov 28, Hiroshima,Japan,Year 2016.
  • Harumi Watanabe, Ikuta Tanigawa, Midori Sugaya, Nobuhiko Ogura, Kenji Hisazumi, A layer-structure diagram and a layer-interaction diagram towards a context-oriented development methodology for embedded systems, 15th International Conference on Modularity (MODULARITY Companion 2016), Mar 14–17, 2016, Málaga, Spain, pp.125-130, Year 2016.
  • Ikuta Tanigawa, Nobuhiko Ogura, Midori Sugaya, Harumi Watanabe, Kenji Hisazumi, A structure of a c# framework ContextCS based on context-oriented programming. 14th International Conference on Modularity (MODULARITY Companion 2015), Mar 16–19, Fort Collins, Colorado, pp. 21-22, Year 2015.
  • Harumi Watanabe, Midori Sugaya, Ikuta Tanigawa, Nobuhiko Ogura, Kenji Hisazumi: A Study of Context-Oriented Programming for Applying to Robot Development. The 7th International Workshop on Context-Oriented Programming COP@ECOOP (2015), Jul 5-10, Czech Republic, Vol.4, pp. 1-6, Year 2015.
  • Harumi Watanabe, Ikuta Tanigawa, Midori Sugaya, Nobuhiko Ogura, Kenji Hisazumi: A Development of Educational Robot Software for Master’s Course Students. 2015 Workshop on Embedded and Cyber-Physical Systems Education (WESE), Oct 8, Amsterdam, Netherlands, Vol.11, pp. 1-4, Year 2015.
  • Midori Sugaya, Hirotaka Osawa, Yoshiko Okada, Irini Giannopulu, Feel as Agent: Immersive Digital Dollhouse Enhances Sociality of Children with Developmental Disorders, 3rd International Conference on Human-Agent Interaction (HAI 2015), Oct 21-24, Daegu, Korea, pp.127-134, Year 2015.
  • Yukako Watanabe, Yoshiko Okada, Hirotaka Osawa, Midori Sugaya, Digital Play Therapy for Children with Developmental Disorders. Human Computer Interaction International 2015 (HCII 2015), Los Angeles, CA, USA, Aug 17-22th, LNCS, Universal Access in Human-Computer Interaction. Access to Learning, Health and Well-Being, Vol. 9177, pp 698-708, Year 2015.
  • Hiroyuki Yoshida, Atsushi Hoshina, Miyuki Nakano, Midori Sugaya: Collision detection for bicycle and pedestrian exchange GPS location in smartphone. UbiComp/ISWC Adjunct 2015, Sep 7-11, Osaka, Japan, p.1583-1586.
  • Takuma Sumiya, Yutaka Matsubara, Miyuki Nakano, Midori Sugaya, A Mobile Robot for Fall Detection for Elderly-Care, 19th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KES-2015). Sep 7-8, Singapore, Procedia Computer Science, Vol.60, pp.870-880, Year 2015.
  • Miyuki Yanagi, Midori Sugaya, Ryota Horie, How Kawaii Attributes are Composed in a Thing, Asian CHI Symposia 2015, Korea, pp.18-23, Year 2015.
  • Yukako Watanabe, Yoshiko Okada, Hirotaka Osawa, Midori Sugaya, Digital play therapy for children with learning disabilities, Proceedings of the second international conference on Human-agent interaction (HAI’14), Oct 28-31, Tsukuba, Japan, pp.185-188, Year 2014. Best Presentation Award 1st Place
  • Akira Matsuda, Midori Sugaya, Hiroyuki Nakamura: Luminous device for the deaf and hard of hearing people. Proceedings of the second international conference on Human-agent interaction (HAI’14), Oct 28-31, Tsukuba, Japan, pp. 201-204, Year 2014.
  • Ikuta Tanigawa, Harumi Watanabe, Midori Sugaya, Kenji Hisazumi : A Case Study: How to Find and Reify a Research Theme on Project Based Learning for Master’s Course Education, Software Engineering Education Workshop Co-located with The 21st Asia Pacific Software Engineering Conference (APSEC), Dec 4, Nanjing, China, Year 2014.
  • Ikuta Tanigawa, Midori Sugaya, Nobuhiko Ogura, Harumi Watanabe : A Demonstration for Focusing on Separation of Debugging Concerns based on Dynamic Program Rewriting Tool : Piggy’s Weaver, Design, Automation and Test in Europe Conference and Exhibition (DATE’14) , Mar 24-28, Dresden Germany, Year 2014.
  • Motoki Yoan, Midori Sugaya, Kimio Kuramitsu, A Study of Converting Risk to Assurance Case, Software Reliability Engineering Workshops (ISSREW), 2012 IEEE 23rd International Symposium on, Nov 27-30, Dallas, TX, USA, Year 2012.
  • Takuma Wakamori, Masashiro Ide, Midori Sugaya, Kimio Kuramitsu, Reconfigurable Scripting Language with Programming Risk, Software Reliability Engineering Workshops (ISSREW), 2012 IEEE 23rd International Symposium on, Nov 27-30, Dallas, TX, USA, Year 2012.
  • Shinpei Nakata, Midori Sugaya, Kimio Kuramitsu, ”Requirement Monitoring with Foreign Function Calls”, The 42nd Annual IEEE/IFIP International Conference on Dependable Systems and Networks (DSN 2012), Jun 25-28, Boston, Massachusetts USA, Year 2012.
  • Midori Sugaya, Ken Igarashi, Masaaki Goshima, Shinpei Nakata, Kimio Kuramitsu, Yoichi Ishiwata and Satoshi Kagami, Extensible Online Log Analysis System, 13th European Workshop on Dependable Computing (EWDC’11), 11-12 May, Pisa, Italy, Year 2011.
  • Midori Sugaya, Kimio Kuramitsu, ” Online Anomaly Symptom Detection and Process’s Resource Usage Control”, 10th IEEE International Symposium on Autonomous Decentralized Systems (ISADS’11), Mar 23-27, Tokyo, Japan, Year 2011.
  • Shinpei Nakata, Midori Sugaya and Kimio Kuramitsu, “Fault Model of Foreign Function Interface across Different Domains, The 1st International Workshop on Open Systems Dependability : Adaptation to a Changing World (WOSD’11), Hon Kong, China, Jun 27-30, Year 2011.
  • Yutaka Matsuno, Jin Nakazawa, Makoto Takeyama, Midori Sugaya, and Yutaka Ishikawa,Toward a Language for Communication among Stakeholders, The 16th IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing (PRDC’10), Dec 13-15, Tokyo, Japan, Year 2010.
  • Yuki Ohno, Sayaka Akioka, Midori Sugaya and Tatsuo Nakajima, A Library-based Tool to Improve CPU Assignment for High Performance Pervasive Servers, The 16th IEEE International Conference on Embedded and Real-Time Computing Systems and Applications (RTCSA 2010), Aug 23-25, Macau SAR, Year 2010.
  • Hideki Takase, Takuya Azumi, Ittetsu Taniguchi, Yutaka Matsubara, Hayato Kanai, Shintaro Hosoai and Midori Sugaya, “History of Summer School on Embedded System Technologies Organized by Students and Young Engineers”, 2009 Workshop on Embedded Systems Education (WESE’09), Oct 11-16, Grenoble, France, pp. 19-26, Year 2009.
  • Yuki Kinebuchi, Kazuo Makijima, Takushi Morita, Midori Sugaya, Tatsuo Nakajima, “Constructing MultiOS Platform with Minimal Engineering Cost”, Analysis, Architectures and Modelling of Embedded Systems: Third IFIP TC 10 International Embedded Systems Symposium, IESS 2009, Sep 14-16, Langenargen, Germany, pp195-203, Year 2009.
  • Ki-duk Kwon, Midori Sugaya, Tatsuo Nakajima, “Analysis of Embedded Kernel using Kernel Analysis System”, The 6th IEEE International Conference on Embedded Software and Systems, May 25-27, Hangzhou, Zhejiang, China, 417-422, Year 2009.
  • Midori Sugaya, Yuki Ohno, Andrej van der Zee and Tatsuo Nakajima, “A Lightweight Anomaly Detection System for Information Appliances”, 12th IEEE International Symposium on Object/component/service-oriented Real-time distributed Computing (ISORC 2009) , March 17-20, Tokyo, Japan, pp257-pp266, Year 2009.
  • Takuya Katayama, Tomoji Kishi, Tatsuo Nakajima, Taiich Yuasa, Shintaro Hosoai, Midori Sugaya, and Tomoharu Ugawa, 12th IEEE International Symposium on Object/component/service-oriented Real-time distributed Computing (ISORC 2009) March 17-20, Tokyo, Japan, pp,105-pp111, Year
  • Yutaka Ishikawa, Hajime Fujita, Toshiyuki Maeda, Motohiko Matsuda, Midori Sugaya, Mitsuhisa Sato, Toshihiro Hanawa, Shin’ichi Miura, Taisuke Boku, Yuki Kinebuchi, Lei Sun, Tatsuo Nakajima, Jin Nakazawa, Hideyuki Tokuda: Towards an Open Dependable Operating System. 12th IEEE International Symposium on Object/component/service-oriented Real-time distributed Computing (ISORC 2009) Mar 17-20, Tokyo, Japan, pp.20-27, Year 2009.
  • Yuki Kinebuchi, Tatsuo Nakajima, Jin Nakazawa, and Hideyuki Tokuda “Towards an Open Dependable Operating System”, 12th IEEE International Symposium on Object/component/service-oriented Real-time distributed Computing (ISORC 2009) March 17-20, Tokyo, Japan, , pp20-pp28, Year 2009.
  • Sayaka Akioka, Midori Sugaya, et al, “A Scalable Monitoring System for Distributed Environments” , First International Workshop on Software Technologies for Future Dependable Distributed Systems (STFSSD 2009), March 17-20, Tokyo, Japan, CD-ROM, Year 2009.
  • Yuki Ohno, Midori Sugaya, Andrej van der Zee, and Tatsuo Nakajima, “Anomaly Detection System using Resource Pattern Learning”, First International Workshop on Software Technologies for Future Dependable Distributed Systems (STFSSD 2009) , March 17-20, Tokyo, Japan, CD-ROM, Year 2009.
  • Kiduk Kwon, Midori Sugaya, and Tatsuo Nakajima, “Analysis of High Resolution Timer Latency using Kernel Latency Analysis System in Embedded System”, First International Workshop on Software Technologies for Future Dependable Distributed Systems (STFSSD 2009), March 17-20, Tokyo, Japan, CD-ROM, Year 2009.
  • Tatsuo Nakajima, Midori Sugaya, et. al., “An Operating System Architecture for Future Information Appliances”, In Proceedings of IFIP International Workshop on Software Technologies for Future Embedded and Ubiquitous Systems, LNCS, Software Technologies for Embedded and Ubiquitous Systems (SEUS 2008), Vol. 5287, pp.292-303, Year 2008.
  • Yuki Kinebuchi, Midori Sugaya, Shuichi Oikawa, Tatsuo Nakajima, “Task Grain Scheduling for Hypervisor-Based Embedded System”, In Proceeding of the 10th IEEE International Conference on High Performance Computing and Communications (HPCC-08), Sep 25-27, Dalian, China, pp190-pp197, Year
  • Yutaka Matsubara, Midori Sugaya, Ittetsu Taniguchi, Yasuaki Murakami, Hayato Kanai, and Hiroaki Takada, “SSEST: Summer School on Embedded System Technologies,” The 1st Asia-Pacific Workshop on Embedded System Education and Research (APESER2007), Hsinchu, Taiwan, 7 Dec, Year 2007.
  • Midori Sugaya and Yuki Kinebuchi, Shuichi Oikawa, Tatsuo Nakajima, VPE: Virtual Periodic Execution for Embedded System, RTAS 2007, 13th IEEE Real-Time and Embedded Technology and Applications Symposium (RTAS2007) , Apr 3 – 6, Bellevue, WA, United States, Year 2007.
  • Midori Sugaya, Shuichi Oikawa, Tatsuo Nakajima; Accounting System: A Fine-Grained CPU Resource Protection Mechanism for Embedded System,9th IEEE International Symposium on Object and component-oriented Real-time distributed Computing (ISORC2006), Apr 24-26, Gyeongju, Korea, pp 72-84, Year 2006.
  • Midori Sugaya, Shuichi Oikawa, Tatsuo Nakajima; Design and Implementation of Accounting System for Embedded Information Appliances, The 2005 IFIP International Conference on Embedded And Ubiquitous Computing (EUC2005), Dec 6-9, Nagasaki, Japan, Springer LNCS, Vol.3824, pp.110-120, Year 2005.
  • Tatsuo Nakajima, Midori Sugaya, Shuichi Oikawa, Operating Systems for Building Robust Embedded Systems, In Proceedings of the 10th IEEE International Workshop on Object-Oriented Real-Time Dependable Systems (WORDS 2005), Feb 2-4, Sedona, Arizona, USA, pp. 211-218, Year 2005.
  • Shuichi Oikawa, Midori Sugaya, Tatsuo Nakajima, Using Virtualized Operating Systems as a Ubiquitous Computing Infrastructure, In Proceedings of 2nd IEEE Workshop on Software Technologies for Embedded and Ubiquitous Computing Systems (WSTFEUS 2004), May 11-12, Vienna, Austria, Year 2004.

国内学会(査読付き)

  • 寒竹 俊之,中野 美由紀,菅谷 みどり, 複数台の移動ロボットのバッテリ残量を考慮した総電力削減手法, 組込みシステムシンポジウム 2017, 8月25日,下呂, 2017年. 情報処理学会, 組込みシステムシンポジウム2017,優秀論文賞
  • 菅谷 みどり,小野 健也,寒竹 俊之,長島 聡志,小泉 亘平, 複数台分散ロボットサービスのためのIoT/IoRプラットフォームの実現に向け, 組込みシステムシンポジウム2017, 8月25日,下呂, 2017年.
  • 長島 聡志, 小泉 亘平, 寒竹 俊之, 劉一帆, 菅谷 みどり, 分散ロボットサービスにおけるIoT技術の応用に向けた課題, 組込みシステムシンポジウム 2017, ポスター発表, 2017, 8月25日,下呂, 2017年.
  • 馮晨, 池田悠平, 菅谷 みどり,遠隔地コミュニケーションにおける感情伝達方法の比較, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム, 2017年6月28日-30日, 北海道,149–153.
  • 平松拓也, 池田悠平, 保科篤志, 馮晨, 高橋裕也, 菅谷みどり, 生体情報による感情推定手法とステージの観客反応による評価, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム, 2017年6月28日-30日, 北海道,857-864
  • 西田 裕己, 保科 篤志, 池田 悠平, 馮 晨,高橋 裕也, 菅谷 みどり, おもてなしロボットの生体情報による評価, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム, 2017年6月28日-30日, 北海道,865 – 875.
  • 池田悠平,岡田佳子,染谷祐理子,高橋祐也,田中智史,吉田怜司,菅谷みどり,生体情報を用いた感情の可視化による気づきの支援, インタラクション2017, 明治大学中野キャンパス, 東京, ポスター発表. 3月4日,2017年.
  • 谷川郁太, 久住憲嗣, 小倉信彦, 菅谷みどり, 渡辺晴美, 福田晃, コンテキスト指向プログラミングにおける優先度に応じたレイヤスケジューリング手法の提案, 組込みシステムシンポジウム2016論文集, pp.47-54, 2016年.
  • 中山悟,中野美由紀,菅谷みどり,分散ロボットシステムサーバのための応答向上手法に関する考察,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第14回日本データベース学会年次大会), 3月, 福岡, 2016年.
  • 江頭 宏亮, 小嶋 奨, 深澤 高雅, 菅谷 みどり, ロボットサービスの検出制御システムの提案, HAI シンポジウム 12月3-4, 東京大学, 2016年.
  • 江頭 宏亮, 小嶋 奨, 深澤 高雅, 菅谷 みどり, UPnP とROS を用いたロボットサービスの検出制御システムの提案,第28回コンピュータシステムシンポジウム(ComSys 2016), 11月28日, 東京, 2016年.
  • 住谷 拓馬, 松原 豊, 中野 美由紀,菅谷 みどり, ロボット制御ソフトウエア向けプロセス間通信ミドルウエア IXM の設計と実装, 第28回コンピュータシステムシンポジウム(ComSys 2016), 11月28日, 東京, 2016年.
  • 岡田 明帆,菅谷 みどり, ロボットの能動的な行動設計によるユーザの印象評価の向上, 情報処理学会,インタラクション 2016, インタラクティブ発表,3月, 2016年.
  • 西田 裕己,西村 拓哉,伴 碧,菅谷 みどり, 幼児向けARとKinectによる言葉あそび支援システム, 情報処理学会,インタラクション 2016, インタラクティブ発表,3月, 2016年.
  • 樫村健人, 菅谷みどり, TheatreFourze: 舞台演出手法を取り入れたCGとセンサ連携を実現するProcessing言語向けライブラリの提案,インタラクション2015論文集,pp.258-263,2015年.
  • 保科篤志, 渡辺柚佳子, 樫村健人, 岡田佳子, 菅谷みどり, 橙色の屋根お家:デジタルプレイセラピーの科学的評価法の検討, マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム. 7月10日, 2015年.
  • 住谷拓馬, 中野美由紀, 小野建也, 浅沼亮平, 菅谷みどり, Active Sensing :移動ロボットによる見守りシステムの実現, マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム. 7月10日, 2015年.
  • 矢野雄也, 池田悠平, 岡田明帆, 中野美由紀, 菅谷みどり, ロボットハンドモーションによる感情伝達, マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム. 7月10日, 2015年.
  • 菅谷みどり,谷田川ルミ,杉本徹,中島毅,初年時ICTロボット導入PBL授業における学習効果測定分析, 公益社団法人,私立大学情報教育協会,平成28年度 ICT利用による教育改善研究発表会, 2016年.
  • 菅谷みどり,谷田川ルミ,杉本徹,中島毅,ICTロボット活用PBL授業における学習効果の向上, 公益社団法人,私立大学情報教育協会,教育改善に向けたICT活用の構想・実践報告「教育改革ICT戦略大会」, 2016年.
  • 菅谷みどり,杉本徹,谷田川ルミ,初年次プログラミング教育におけるロボットPBLの導入, 公益社団法人,私立大学情報教育協会,平成27年度,ICT利用による教育改善研究発表会, 8月, 2015年.
  • 谷川郁太, 小倉信彦, 菅谷みどり, 渡辺晴美, コンテキスト指向プログラミング実現に向けた実行時プログラム書き換えフレームワークの提案, 組込みシステムシンポジウム2014 論文集, pp. 84-89, 2014年.
  • 住谷拓馬, 松原豊, 中野美由紀,菅谷みどり,マルチコアベースのロボットミドルウェアによるリアルタイム処理と省電力の支援,第26回コンピュータシステム・シンポジウム(ComSys2014),11月,東京, 2014年.
  • 菅谷 みどり, 若森 拓馬,倉光 君郎, 自動データ収集機能を備えたWeb ベースプログラミング学習システム,情報教育シンポジウム(Summer Symposium in Shizuoka, SSS’2012), 静岡, 8月, 2012年.
  • 菅谷みどり, 高村博紀, 横手靖彦, 倉光君郎, DRE: フォルトモデルを考慮した障害回避の支援基盤の提案, 先進的計算基盤システムシンポジウム(Symposium on Advanced Computing Systems and Infrastructures; SACSIS’12), 神戸, 5月2012年.
  • 菅谷 みどり, 山本 修一郎,高井 利徳, 倉光 君郎, オープンシステムディペンダビリティ:新しいディペンダビリティへの挑戦, ソフトウエアエンジニアリングシンポジウム(Software Engineering Symposium, SES’2012), 東京, 8月, 2012年.
  • 小野田 武朗, 菅谷 みどり, 倉光 君郎, Web技術文書からのグルーコード自動生成手法の提案, ソフトウエアエンジニアリングシンポジウム(Software Engineering Symposium, SES’2012), 東京, 8月, 2012年.
  • 五十嵐健, 中田晋平,菅谷みどり, 倉光君郎,リアルタイムシステムにおけるログ解析フレームワークの設計,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011), ラフォーレ修善寺, 2月27日, 2011年.
  • 五嶋壮晃, 中田晋平, 菅谷みどり, 倉光君郎, 障害解析支援のためのオンラインログストリームエンジンの開発,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011), ラフォーレ修善寺, 2月27日, 2011年.
  • 中田晋平, 平岡裕太郎, 五嶋壮晃, 菅谷みどり, 倉光 君郎, Dependability Cases を用いたソフトウェアの運用時検査法, ソフトウエアシンポジウム, IPSJ/SIGSE Software Engineering Symposium (SES2010), 2010年.
  • 平岡 佑太郎, 中田 晋平, 菅谷みどり, 倉光 君郎, Case Wiki: 組織を越えたDependability Cases 構築システム, ソフトウエアシンポジウム, IPSJ/SIGSE Software Engineering Symposium (SES2010), 2010年.
  • 菅谷みどり, スキル&コミュニケーションの向上を目的とした学生主催の教育プロジェクトの運営と実施, IPSJ/SIGSE Software Engineering Symposium (ESS2006). 11月, 2006年.
  • 菅谷みどり, 追川修一,中島達夫, ”組込みシステム向けOSのQoSサポートによる資源保護”, 第8回 プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ (SPA2005), 3月, 2005年.
  • 菅谷みどり,追川修一;”ロバストなオペレーティングシステムを実現するクラス別スケジューラの実装と評価”, 第7回プログラミングおよびシステムに関するワークショップ (SPA2004),3月, 2004年.
  • 菅谷みどり, 中島達夫; “Linux におけるファイルシステムの性能及び信頼性の検証”. Linux Conference, 11月2002年.
  • 香取知浩, 菅谷みどり,中島達夫: セキュアOS上での動的ファイルアクセス制御システムの提案, 第11回プログラミングおよびシステムに関するワークショップ (SPA2007),2007. Online.
  • 追川修一,菅谷みどり,中島達夫; “OS仮想化環境におけるCPU資源予約”, 第15回コンピュータシステムシンポジウム, 11月, 2004 年.

口頭発表:研究会、ワークショップ、ポスター(査読なし)

  • 中山悟, 寒竹俊之, 中野美由紀, 長島聡志, 菅谷みどり,送信バッファの制御による優先帯域制御ミドルウエア, 第16回科学技術フォーラム 9月17日, 東京(本郷). 9月13日, 2017年.
  • 田中 智史, 池田 悠平, 菅谷 みどり, 生体感情推定手法によるレコメンドシステム, ヒューマンインタラクションシンポジウム2017,ポスター発表. 9月4-7日(大阪). 9月4日, 2017年.
  • 染谷 祐理子, 池田 悠平, 馮 晨, 菅谷 みどり, ロボットコミュニケーションにおける生体情報を用いた位置調整, ヒューマンインタラクションシンポジウム2017,ポスター発表. 9月4日, 2017年.
  • 染谷祐理子, 池田悠平, 馮晨, 菅谷みどり, パーソナルスペースにおけるロボット動作と人の感情反応評価, 電子情報通信学会技術研究報告, クラウドネットワークロボット(CNR), vol. 117, no. 198. pp. 25 – 30. 9月4日, 2017年.
  • 和田史織, 諏訪重貴, 涌村武, 杉本徹, 菅谷みどり, 対話を行う分散ロボットによる迷子探索システム, 電子情報通信学会技術研究報告, クラウドネットワークロボット(CNR), vol. 117, no. 198. pp. 19 – 24. 9月4日, 2017年.
  • 鶴田昂丈, 菅谷みどり,「ある」と「いる」:サービスロボットの印象評価に向けて, 電子情報通信学会, 信学技報, vol. 117, no. 198, クラウドネットワークロボットCNR2017-11, pp. 13-17, 9月4日, 2017年.
  • 保科 篤志,Siriwat Limwattana,武井祐一, 伊藤哲平, 菅谷 みどり, リハビリロボットへの感情分析手法の応用の検討, 組込みシステムシンポジウム 2017, ポスター発表, 8月25日, 2017年, 組込みシステムシンポジウム2017, 優秀ポスター賞.
  • 平松拓也,池田悠平,保科篤志,菅谷みどり, ステージ評価に向けた生体情報による感情推定, 電気学会, 光・量子デバイス研究会, 医療工学応用一般, 4月21日, 2017年.
  • 西田裕己,保科篤志,菅谷みどり, 心拍によるおもてなしロボットの行動評価の検討, 電気学会, 光・量子デバイス研究会, 医療工学応用一般, 4月21日, 2017年.
  • 天利友弥, 小野建也, 中山悟, 菅谷みどり, 見守りモバイルロボット:追従による高齢者の転倒検知, 電気電子通信学会・安全性研究会(SSS),   信学技報, vol. 116, no. 530, SSS2016-32, pp. 5-8, 3月21日, 2017年.
  • 田辺聡, 香川莉穂, 保科篤志, 菅谷みどり, PCSD 外出を快適に演出するドローンの開発, ヒューマンインタフェースシンポジウム2016, ポスター発表, 9月6日, 東京, 2016年.
  • 江頭宏亮, 小嶋奨, 深澤高雅, 菅谷 みどり, UPnPとROSを用いた汎用ロボットサービスの検出制御システムの提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム2016,ポスター発表, 9月6日, 東京, 2016年.
  • 清水航平,中山悟,菅谷 みどり.複数台の分散移動ロボットの動作と電力消費特性に基づく管理手法の提案,情報処理学会第78回全国大会,東京, 3月11日, 2016年.
  • 中山悟,中野美由紀,菅谷 みど, 分散ロボットシステムサーバのための応答性向上手法”,情報処理学会第78回全国大会,東京, 3月11日, 2016年.
  • 中山悟,中野美由紀,菅谷みどり, 分散ロボットシステムにおける緊急受信サーバ構成法の考察”,第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’16), 5月25日, 2016年.
  • 住谷 拓馬, 松原 豊, 中野 美由紀, 菅谷 みどり, ロボットミドルウエアにおける効率的なデータ共有通信と保護の実現, 第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’16), 5月25日, 2016年.
  • 清水航平,中山悟,中野美由紀,寒竹俊之,菅谷みどり, 複数移動ロボットの動作特性を考慮した電力削減手法の検討,電子情報通信学会クラウドネットワークロボット研究会(CNR),6月19日, 2016年.
  • Satoru Nakayama,Miyuki Nakano,Midori Sugaya, Adaptive Communication Mechanisms of Responsible Servers for Distributed Care Robot Systems, SEATUC 2016(10th SOUTH EAST ASIAN TECHNICAL UNIVERSITY CONSORTIUM SYMPOSIUM),Tokyo,Japan,24 Feb,Year 2016.
  • 岡崎純己,保科篤志,池田悠平,菅谷みどり,歩幅推定によるリハビリテーション促進ロボットの実現, 研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI),2016-UBI-51(12),1-8 (2016-07-28) , pp.2188-8698, 2016年.
  • 田辺暁子, 越川夏美, 関由貴, 染谷祐理子, 品田紗弥花, 菅谷みどり, ロボットの「かわいい」動作の印象評価に向けて, 日本感性工学会,かわいい人工物研究部会シンポジウム 2016, 5月, 東京(豊洲), 2016年.
  • 清水航平,中山 悟,菅谷みどり, 複数台の分散移動ロボットの動作と電力消費特性に基づく管理手法の提案, 情報処理学会 第78回全国大会, 3月11日, 2016年.
  • 小野建也,菅谷みどり, コンテキスト指向プログラミングのロボット事例への適用検討, 情報処理学会 第78回全国大会, 3月11日, 2016年.
  • 岡田明帆,菅谷みどり, 能動的なロボットと人の関係についての考察, 情報処理学会 第78回全国大会, 3月11日, 2016年. 情報処理学会,学生奨励賞
  • 保科篤志,菅谷みどり,岡田佳子, Haptic Virtual: 視覚および触覚が生体情報に及ぼす影響,情報処理学会 第78回全国大会, 3月11日, 2016年.
  • 岡崎純己,松日楽信人,菅谷みどり, リハビリテーション促進ロボットの実現に向け, 情報処理学会 第78回全国大会, 3月11日, 2016年. 情報処理学会, 学生奨励賞
  • 木谷健太,菅谷みどり,谷田川ルミ,Project-Based Learningにおける役割をもとにした分析および効果測定,情報処理学会 第78回全国大会, 3月11日, 2016年.
  • 吉田裕幸, 中野美由紀, 渡辺柚佳子, 菅谷みどり, 自転車と歩行者の接近検知による事故防止の検討, 情報処理学会研究報告(ユビキタス研究会), pp.1-8. 2015年.
  • 保科 篤志, 渡辺 柚佳子, 樫村 健人, 岡田 佳子, 菅谷みどり, 橙色の屋根お家:デジタルプレイセラピーの科学的評価法の検討, マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム. 7月10日, 2015年.
  • 柳田将希, 中山悟, 前田道雄, 中野美由紀, 菅谷みどり, 広域の遺失物探索を実現するネットワーク分散ロボットサービス, 電子情報通信学会技術研究報告, クラウドネットワークロボット(CNR), vol. 115, no. 118, CNR2015-4, pp. 15-20, 6月, 2015年.
  • 田辺暁子, 柳美由貴, 菅谷みど, 「かわいい」感性の理解から「かわいい」ものづくりへ, 日本感性工学会, かわいい人工物研究部会5周年記念シンポジウム, 6月, 2015年.
  • 谷川郁太, 小倉信彦, 菅谷みどり, 渡辺晴美, C#プログラム実行時書き換えによるコンテキスト指向プログラミングの実現, 情報処理学会論文誌プログラミング(PRO),8(1),15-15 (2015-06-02) , pp.1882-7802, 2015年.
  • 柳美由貴, 石原由理, 高橋英里, 本道真衣, 渡辺由佳子, 菅谷みどり, 國井秀子, 大倉典子, 松浦佐江子, 中野美由紀, 野田夏子, 平田貞代, 谷田川ルミ, 岡田佳子, Fab Girl Project, SWEST16: 16th Summer Workshop on Embedded System Technologies, 8月, ポスター発表, 2014年.
  • 柳美由貴, 石原由理, 高橋英里, 本道真衣, 渡辺由佳子, 菅谷みどり, 國井秀子, 大倉典子, 松浦佐江子, 中野美由紀, 野田夏子, 平田貞代, 谷田川ルミ, 岡田佳子, “かわいい”を表現するものづくりワークショップの実践” , 第16回日本感性工学会大会, 9月, 2014年.
  • 柳美由貴, 堀江亮太, 大倉典子, 菅谷みどり, ものづくりワークショップの実践を通じた「かわいい」に関する感性の理解, 第10回日本感性工学会大会春季大会, 3月, 2015年.
  • 渡辺 柚佳子,岡田 佳子, 大澤 博隆, 菅谷 みどり, 橙色の屋根のお家:発達障害を持つ子ども向けのデジタルプレイセラピーの提案,研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI), 45巻 24号 1-8.2015. 2015年. 情報処理学会, 第43回研究会 学生奨励賞
  • 住谷拓馬,松原豊,中野美由紀,菅谷みどり,マルチコアベースのロボットミドルウェアによるリアルタイム処理と省電力の支援,第26回コンピュータシステム・シンポジウム(ComSys2014),11月,東京, 2014年.
  • 渡辺柚佳子, 岡田佳子, 大澤博隆, 菅谷みどり, 橙色の屋根のお家:コミュニケーションに障害を持つ児童向けのデジタル教材, 情報処理学会研究報告, 43巻 8号1- 6, 2014年.
  • 渡辺 柚佳子, 岡田 佳子, 大澤 博隆、河合 広至、菅谷 みどり, 橙色の屋根のお家:楽しみながら訓練できるデジタルセラピーデバイス, エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2014論文集, pp.225-228, 2014年.
  • 谷川郁太, 小倉信彦, 菅谷みどり, 渡辺晴美, 組込みソフトウェアプロトタイプ開発のためのプログラム動的書き換え, 研究報告組込みシステム(EMB),2014-EMB-32(35),1-5 (2014-03-08).
  • 住谷拓馬, 菅谷みどり, マルチパーパスロボットを実現する機能統合システムの提案, 第76回全国大会講演論文集, 2014,pp.81-82, 3月, 2014年. 情報処理学会,学生奨励賞
  • 谷川郁太, 小倉信彦, 菅谷みど, 渡辺晴美, 組込みソフトウェアプロトタイプ開発のためのプログラム動的書き換え, 研究報告システムLSI設計技術(SLDM),2014-SLDM-165(35),1-5 (2014-03-08), 2014年.
  • 志田 駿介,井出 真広,菅谷 みどり,倉光 君郎, Mindstorms NXTを対象としたスクリプト処理系のコンパクト化, 情報処理学会 第94回プログラミング研究会, 秋田, 6月, 2013年.
  • 内田 篤史, 養安 元気, 井出 真広, 菅谷みどり, 倉光君郎, スクリプト言語Konohaによるカーネル診断スクリプトの開発, ポスター, 組込みシステムシンポジウム 2012 (Embedded System Symposium, ESS’ 2012), 東京, 10月, 2012年.
  • 志田 駿介, 菅谷 みどり, 倉光 君郎, Tiny Konoha: ETロボコン向けのスクリプト処理系の簡素化, ポスター, 組込みシステムシンポジウム 2012 (Embedded System Symposium, ESS’ 2012), 東京, 10月, 2012年.
  • 菅谷みどり, 井出真広, 中田晋平, 養安元気, 倉光君郎, ログベースアクターを用いた統合運用管理ツール基盤, 2012年, 並列/分散/協調処理に関する 『鳥取』サマー・ワークショップ(2012 “Tottori” Summer United Workshops on Parallel, Distributed, and Cooperative Processing), 7月,鳥取, 2012年.
  • 志田 駿介, 倉光 君朗, 井出 真広, 菅谷 みどり, SSA 変換を用いた JavaScript 難読化コードの生成, 2012年, 並列/分散/協調処理に関する 『鳥取』サマー・ワークショップ(2012 “Tottori” Summer United Workshops on Parallel, Distributed, and Cooperative Processing), 7月, 鳥取, 2012年.
  • 中田晋平, 養安元気, 菅谷みどり, 山本修一郎, 倉光君郎, 障害対応ワークフローに起こる二次リスクの保証事例の報告, 2012年, 並列/分散/協調処理に関する 『鳥取』サマー・ワークショップ(2012 “Tottori” Summer United Workshops on Parallel, Distributed, and Cooperative Processing), 7月, 鳥取, 2012年.
  • 菅谷 みどり, 山本修一郎, 倉光 君郎, オープンシステムディペンダビリティ ~ 新しいディペンダビリティへの挑戦 ~, 電子情報通信学会, 知能ソフトウエア工学研究会(KBSE), 5月, 東京, 2012年.
  • Midori Sugaya,Hiroki Takamura,Yoichi Ishiwata,Satoshi Kagami,Kimio Kuramitsu, Online Kernel Logging and Analysis for Real-time Robotics Applications, IPSJ SIG 176th System Engineering, 25th Embedded System Cooperated Research Workshop, 2012, 5, Tokyo.Year 2012.
  • 養安元気,菅谷みどり,井出真広,倉光君郎, 移動のないIncremental GCにおけるリアルタイム性評価, 第176回SE・第25回EMB合同研究発表会, 5月東京, 2012年. [情報処理学会, CS(コンピュータサイエンス)領域奨励賞]
  • 養安元気,中田晋平,岡本悠希,菅谷みどり,倉光君郎, D-Script: 分散環境における障害管理を行うスクリプト言語基盤, 先進的計算基盤システムシンポジウム(Symposium on Advanced Computing Systems and Infrastructures; SACSIS’12), Poster 発表, 神戸, 5月2012年.
  • 菅谷 みどり, 倉光 君郎, 高村 博紀, 横手 靖彦, 柔軟な障害管理システムの提案, ディペンダブルシステムワークショップ&シンポジウム (DSW & DSS 2011), 2011年, 12月, 京都
  • 倉光 君郎, 若森 拓馬, 菅谷 みどり. D-Script: 分散システムのディペンダビリティ管理を行うスクリプト言語フレームワーク,ディペンダブルシステムワークショップ&シンポジウム (DSW & DSS 2011), 京都, 2011年.
  • 中田晋平, 菅谷みどり, 倉光君郎, “運用時障害の解析支援のための言語ロギング,” ディペンダブルシステムワークショップ&シンポジウム (DSW & DSS 2011) ポスターセッション, 2011/12/13-14, 京都, 2011年.
  • 菅谷 みどり, 中田 晋平, 倉光 君郎, オープンシステムディペンダビリティの実現におけるソフトウエアのアカウンタビリティと支援技術, 日本ソフトウェア科学会第28回大会, 9月, 沖縄, 2011年.
  • 菅谷みどり,高村博紀,倉光君郎, オープンシステムディペンダビリティ支援のための逸脱検知,並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ(SWoPP’11), 2011年, 7月, 鹿児島.
  • 養安元気, 中田晋平, 菅谷みどり, 倉光君郎, “究極のGCに向けて,” 夏のプログラミング・シンポジウム2011, 2011/09/2-4, 佐賀, 2011年.
  • 倉光君郎, 菅谷みどり, 平岡佑太郎, “静的スクリプト言語KonohaScript”, オープンソースカンファレンス2011 Nagoya, 愛知, 2011年.
  • 倉光君郎, 菅谷みどり, 井出真広, 五嶋壮晃, 平岡佑太郎, 養安元気, 若森拓馬, “静的スクリプト言語 KonohaScript”, オープンソースカンファレンス2011 Kansai@Kyoto, 京都, 2011年.
  • 井出真広, 平岡佑太郎, 養安元気, 中田晋平, 菅谷みどり, 倉光君郎, “大規模主記憶環境におけるGC方式の性能評価”, 情報処理学会第83回プログラミング研究発表会, 京都, 2011年.
  • 平岡佑太郎, 菅谷みどり, 倉光君郎, “KonohaScript による MPI 統合”,第86回プログラミング研究発表会 (PRO-2011-3), 11月1日, 神奈川, 2011年.
  • 加藤雅一, 平本千尋, 倉光君郎, 菅谷みどり, Accountable ART-Linux,組込みシステムシンポジウム(ESS) , 11月, 2011年.
  • Midori Sugaya, Logging and Failure Analysis for Open System Dependability, Symposium “Towards Open Systems Dependability” and Workshop “Close Look at DEOS, Dec 16, Tokyo, Year 2010.
  • Midori Sugaya, Kimio Kuramitsu, Satoshi Kagami, From Log to Evidence: An Odyssey to Accountability, Symposium “Towards Open Systems Dependability” and Workshop “Close Look at DEOS, Dec 17, Tokyo, Year 2010.
  • 菅谷みどり, 中田晋平, 五嶋壮晃, 加藤雅一, 倉光君郎, 自律ロボット向けオンラインログ解析と障害要因解析システムの提案, 第22回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys 2010), Work-In-Progress, Nov. Year 2010.
  • 菅谷みどり, 高村博紀, 石綿陽一, 倉光君朗, Evidence Based Computing System Infrastructure, 第8回ディペンダブルシステムワークショップ (DSW2010).2010,8.
  • 中田晋平, 五嶋正晃, 菅谷みどり, 倉光君郎. エビデンス窓口,第8回ディペンダブルシステムワークショップ (DSW2010).8月, 2010年.
  • 倉光君郎, 高村博紀, 菅谷みどり, Evidence Diagram の構想と設計, 第8回ディペンダブルシステムワークショップ (DSW2010), 8月, 2010年.
  • 平岡佑太郎, 菅谷みどり, 倉光君郎, D-Intent: 原因特定できないエラーに対する分散リカバリーサービスの提案, 第8回ディペンダブルシステムワークショップ (DSW2010), 2010,8.
  • 菅谷みどり,中島達夫, オンライン障害検出システムの提案, SLDM/EMB/MBL/UBI合同研究発表会(ETNET 2010), EMB16, IPSJ-EMB10016062, 3月, 2010年.
  • 藤井 貴晴,菅谷 みどり,福島 拓, 分散環境におけるサービスの継続性を目的とした低レイヤでの自律的な障害検出と回復の実装と評価, 並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ, 『金沢』サマー・ワークショップ(SWoPP’10)8月, 2010年.
  • 大野 有輝,菅谷 みどり,秋岡 明香,中島 達夫,マルチコア環境におけるプロセス動作予測によるリソース配分最適化,研究会(第114回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会), 4月, 2010年.
  • 菅谷みどり, 藤田肇, 塙敏博, 中澤仁, 松田元彦, 前田俊行, “ディペンダブルな組込みOSの提案”, SWEST2008, 8,予稿集, p35-38, 2008年.
  • 清水裕基,菅谷みどり,秋岡明香,吉永努,資源情報の特徴抽出によるモデル化手法と攻撃検知法の提案, 情報処理学会第72回全国大会, 3月, 2010年. 情報処理学会 学生奨励賞受賞.
  • 加藤雅一, 中田晋平, 平岡佑太郎, 五十嵐健,五嶋壮晃, 井出真広, 菅谷みどり, 倉光君郎, Dzero:ディペンダビリティマネジメントのための軽量フレームワーク, 日本ソフトウェア科学会ディペンダブルシステム研究会,12月, 2009年.
  • 五十嵐健, 中田晋平, 菅谷みどり, 倉光君郎, 2レベルモニタのためのコンフィギュラブルモニタリングシステム, 日本ソフトウェア科学会ディペンダブルシステム研究会,12月, 2009年.
  • 大野 有輝, 安川 要平, Andrej van der Zee, 菅谷 みどり, 中島 達夫, マルチコア環境における最適リソース配分のためのプロセス動作予測, 日本ソフトウェア科学会第26回大会, CD-ROM, 2009年.
  • 清水 裕基, 菅谷 みどり, 秋岡 明香, 吉永 努, 細粒度リソース監視による攻撃検知法の提案と考察, 日本ソフトウェア科学会第26回大会, CD-ROM, 2009年.
  • 中澤仁, 松野裕, 菅谷みどり, 塙敏博, 前田俊行, 藤田肇, 石綿陽一,杵渕雄樹, 高村博紀, 松田元彦,三 浦信一, 山田浩史, “オペレーティングシステムおよび実システムにおけるディペンダビリティの評価と見積り”, Dependable System Workshop 2009, pp27-41,2009年.
  • ディペンダブルシステム向けベンチマークフレームワークの提案, 加藤真平, 藤田肇, 中澤仁, 松田元彦, 前田俊行, 杵渕雄樹, 塙敏博, 三浦信一, 石綿陽一, 松野裕,高村博紀, 山田浩史, 吉田哲也, 倉光君郎, 菅谷みどり, 石川裕, Dependable System Workshop 2009. 2009年.
  • 菅谷みどり,中島達夫, SMPアカウンティングシステムの設計及び実装, 全国大会講演論文集, 第70回平成20年, Vol5, pp.”5-323″-“5-324”,2008年.
  • 藤田肇, 平野貴仁, 松葉浩也, 前田俊行, 菅谷みどり, 石川裕, “安全かつ拡張可能なOS開発基盤実現に向けて”, Dependable System Workshop, 函館, 6, p29-32, 2008年.
  • 大野有輝, 権奇徳, 菅谷みどり, 中島達夫, “リソースモニタリングによる異常検出システム”, Dependable System Workshop 2008, p73-77, 2008年.
  • 細合晋太郎,菅谷みどり,鵜川始陽, 高信頼組込みソフトウェア構築技術の統合, 全国大会講演論文集, 第70回平成20年, Vol5, “5-321”-“5-322” , 2008年.
  • 巻島一雄,杵渕雄樹,菅谷みどり,中島達夫, マルチOS環境におけるアカウンティングシステムの実装, 全国大会講演論文集, 第70回平成20年, Vol5, “5-325”-“5-326” , 2008年.
  • 菅谷みどり, 湯浅陽一, 中島達夫, SMP環境における資源管理手法の提案, 組み込みシステム研究会,情報処理学会,2007, 12. 研究報告「組込みシステム」, 2007-EMB.2007年.
  • 菅谷みどり, 追川修一, 中島達夫, 組込システム資産移行を支援する仮想周期実行(VPE)システムの提案, 組み込みシステム研究会,情報処理学会,2006,8. 研究報告「組込みシステム」, 2006-EMB-002. 2006年.
  • 菅谷 みどり, タイマの精度とオーバーヘッドの検証, 次世代コンピューティングシステムに関する合同ワークショップ, 早稲田大学, 7, 2006年.
  • 菅谷 みどり, OS によるセキュアな資源管理環境の提供, e-Society高信頼性組込みソフトウェア構築技術ワークショップ, 12月2005年.
  • 菅谷みどり,Linuxの資源管理と標準化, Emblix 組込みオープンソース ワークショップ2006,2月2006年.
  • 菅谷みどり,リアルタイムスケジューラの設計と実装, JapanTechnicalJamboree12, CE Linux フォーラム(CELF)技術交流会, 12月2005年.
  • 菅谷みどり, Linux資源管理に関する取り組みの紹介, CE Linux Forum JapanTechnicalJamboree4, 10月2005年.
  • 菅谷みどり,Linuxによるセキュアな資源管理環境の実現, Emblix組込みオープンソース ワークショップ2月2005年.
  • 菅谷みどり,マルチメディア組み込みシステムのためのQOSサポート, 組込みシステム技術に関するサマーワークショップ7月, 2004ね.
  • 菅谷みどり,ロバストな組み込み向けオペレーティングシステム, IPA未踏事業成果報告会, 2月2004年.
  • 菅谷 みどり, アカウンティングシステムによるCPU保護手法の提案,Summer Workshop on Embedded System Technologies(SWEST) 2005,8月2005年. SWEST2005,プレゼンテーション賞. 
  • 菅谷 みどり, VPE: 資産移行時の仮想周期実行によるリアルタイム性能と応答の保証, 次世代コンピューティングシステムに関する合同ワークショップ, 早稲田大学, 7月, 2004年. 実用賞受賞.
  • 追川修一,菅谷みどり,中島達夫; “次世代情報家電のためのディペンダブルオペレーティングシステム環境”, 第一回ディペンダブルソフトウェアワークショップ (DSW04), 2月2004年.

シェアする