高度情報演習2C

班の名前

  • メンバー: 木代、平沼
  • ポリシー:一所懸命頑張る

Processing 製作(3回)

  • プログラム
    • パックンもどきを用いたスケープゲーム 
  • 苦労した点
    • スケッチの例にパックンをランダムに生成し動かすプログラムがあったので、プレイヤーが動かすボールの作成と動きを実装した。その後パックンとボールの当たり判定を実装しようとした。うまく実装は出来なかったがその当たり判定を実装しようと苦労した。

Interactive Device(4,5回)

  • 作品の概要
    • 作品名:ヒカリノリコーダー
    • 目的
      • 光センサーを用いて組み合わせによって、音と光を出し演奏させる。
    • 設計図
      • 入力 光センサー×3,スイッチ
      • 出力 LED×3,ブザー×8
  • プログラムの解説
    • 光センサーを右から見て、センサー①②③とするそのセンサー①②③を②進数の桁として考え、センサー①は2の零乗、②は1乗,③は2乗と考えるまたセンサーを影で隠したとき感知する物とする。
  • それらのセンサーの組み合わせによってできる数字によって対応する音を鳴らす。
  • スケジュール   11月6日~11月13日   設計の構想   11月13日
      プログラム及び回路設計   11月14日   部品購入   11月16日   完成
  • 購入物 光センサーとブザーと余裕があればLED

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-25 (水) 14:27:14 (751d)