高度情報演習2C

3班

  • メンバー:森下、谷津
  • ポリシー: 何ができるか二人で考えていく

Processing 製作(3回)

Interactive Device(4,5回)

  • 作品の概要
    • 持ち去り警告くん
      •  置き引きや持ち去りに対抗するシステムです。置き引きや持ち去りが起きたときに音で警告します。
  • 目的
    • 自分の大事なものが持ち去られたことを気がつかせる。
  • 設計図
    • 入力(赤、青、緑)
      • スイッチ
      • 光センサ
    • 出力
      • ブザー
      • LED(赤、青、緑)
  • プログラムの解説
    • 光センサにものが置かれたら、スイッチからの入力を受け付ける。
    • スイッチを押すとそれに対応したLEDが発光または消灯する。
    • 光センサからものが離れたときにLEDの発光と事前に設定した発光パターンとが一致していた場合LEDを消灯しプログラムの最初に戻る。
    • 一致していなかった場合ブザーをならす。
    • 再びものが置かれたらブザーを止めて、プログラムの最初に戻る。
  • スケジュール(日記)
    • 11/6 環境設定、ARによる作品断念
    • 11/13 制作物決定、使用部品決定、センサ各種動作実験、プログラム制作開始
    • 11/14 プログラム9割完成、外装制作開始
    • 11/16 買い出し、プログラム完成、外装完成
    • 11/20 発表
  • 購入物
    • スイッチ(赤、青、緑)
    • みのむしクリップ 20本
    • 単三電池8本

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-25 (水) 14:27:14 (751d)