高度情報演習2C

7班

  • メンバー:
    • 川上洋平
    • 林亮輔
  • ポリシー:
    • 子供たちの笑顔に価格挑戦

Processing 製作物 (第4回)

  • プログラム名:
    • CRAFT BOSS 午後の紅茶 ~MADE of GOMI~
  • 苦労・工夫した点:
    • ・組み合わせるのに丁度よい大きさの管を見つけるのが大変。 ・「回転しながら距離を計測すること」を実現させる設計。 ・割りばし、爪楊枝、竹ひごなどでレールを作ること。 ・「センサと障害物の距離」と「出力される音」の対応付け。 ・loop ・電源が2つしかないので電流量、電圧量が影響しないように並列と  直列を考慮してセンサを配置した。 音楽的な知識が圧倒的に不足していた(フラットって何?…)

Interactive Device (第5,6回)

アイディアシート

  • 作品名:CRAFT BOSS 午後の紅茶 ~MADE of GOMI~
  • 概要:距離センサと可変抵抗器を利用した楽器
  • 目的:身近にある素材とArduino
  • 設計
    • 入力:距離センサ、可変抵抗、タッチセンサ
    • 出力:音
  • プログラムの解説
    • 距離センサ、可変抵抗、タッチセンサを読み取り、0.3秒delay。タッチセンサの値が100以上ならば音を出力。距離センサの値によって音階が変わる。可変抵抗の値によって#を実現。この処理をloopする。
  • 購入物:桧の角材(30円)

スケジュール

アンケート


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-15 (水) 14:33:33 (730d)