高度情報演習2C

授業全体のアンケート

  • 本アンケートは授業改善のためのアンケートです。今後の授業改善のために、ぜひご回答をお願いします。
  • アンケートの評価と成績はいっさい関係ありません。
  • できるだけ正直なコメントをお待ちしております。

LED実習(第1回)

  • 以下の質問へのご回答をお願いします。
  • LED 実習について、適切な回答のみ残してください
    • 難易度
      • 丁度よい
    • 演習
      • 丁度よい
    • 感想
      • 英語のテキストだったので、少し分かりづらい部分がありました。
      • しかし、TAの方や菅谷先生に質問すればしっかりと答えて頂けたので、課題をしっかりとこなすことができました。
      • ただ、配付資料を片面印刷ではなく、両面印刷にして配布して頂きたかったです。(紙がかさばるのです。)
      • 有意義な授業だったと思いました。楽しかったです。
  • 最終製作物にどのように関連しましたか?
    • LED自体は使用しませんでしたが、基本的な作成方法が何となく分かりました。
  • このデバイスは、今後どのように拡張できると思いますか?
    • 『LEDの光で作品を作ること』意外のことをするのは難しいと思います。
    • 何かしらのセンサーを搭載して入力を設ければ、さらなる拡張が望めると思います。

センサー実習(第2回)

  • 以下の質問へのご回答をお願いします。
  • 選んだセンサーを教えてください
    • ブザー
    • 傾きセンサー
    • 可変抵抗器
  • センサー実習について、適切な回答のみ残してください
    • 難易度
      • 丁度よい
    • 演習
      • 丁度よい
    • 感想
      • どのような作品が作れるようになるかを考えながら実習を行いました。
      • センサーの扱い方も学べて、とても楽しかったです。
  • 問題 / 改善点
    • テキストで光センサーを用いた回路が間違っていることを早めに言って欲しかった点。(火傷しました…)
  • 最終製作物にどのように関連しましたか?
    • 最終制作物にブザーを使ったので、直接役立ちました。
    • 他のセンサーも一通り試したので、センサーをどのように接続すれば良いか、コツのようなものがつかめました。
  • 今後扱ってみたいセンサーがあれば教えてください
    • 超音波センサー

第3回(CG製作)

製作物について

  • 可変抵抗と、何の値を対応づけましたか?
    • 画面上を移動する円の方向制御
  • 期待した効果を教えてください
    • 画面上を移動する円を操作し、移動した後に残る円の軌跡を見て楽しめる効果。
    • 円の色は虹の7色に変化し、軌跡も同じ色になるので、画面上がカラフルになる。
  • 工夫した点を教えてください
    • ハンドリングを車のように舵をきる方式にしたこと。
    • 円の色と軌跡の色を虹色に変化するようにしたこと。
  • それを見てどう思いましたか?(該当回答を残す、または追加お願いします。)
  • 変数によって値が実際に変化するのが楽しかった
  • 物理世界の情報の取り込み方の勉強になった
  • コンピュータの中の絵を動作させる勉強になった
  • 単純に楽しかった。
  • なぜその値を対応づけようと思ったのですか?
    • 作るものをイメージしやすかったから。
  • Processing + センサーについて
  • 楽しかった
  • プログラミングに対してのモチベーションがあがった
  • また何かつくりたいと思った
  • 画面上の二次元座標を理解することができるようになった
  • 可変抵抗を使いこなせた
  • 受講して良かった
  • もっとやりたいことはありましたか?
    • やりきった感じがあったので、特にありませんでした。
  • 上記の質問で、やりたい事ができなかった人は、その理由を教えてください

授業製作(4回、5回)についての質問

  • 製作物の製作過程について教えてください
    • 難易度
      • 難しい
  • ユーザビリティの考慮
    • ユーザの使いやすさなどの観点から工夫した点、苦労した点を教えてください
    • 工夫した点
      • 電池ボックスやArduino本体などを機体の上に載せられるように、機体を2段構造の棚状にした点。
    • 苦労した点
      • 配線が入り乱れた点。
    • 改善点(あれば)
      • 半田付けをすれば、不意に配線が外れてどこを戻せば分からないと言うことが防げるかもしれない点。(幸い、そのような事故は起きませんでした)
  • デバイスの価値
    • 障害物を避けて進み、においに反応してブザーが鳴り響くというデバイスを作成しました。このようなデバイスは今後
      • 改良が必要だと思います。
      • (理由)重い。配線がすぐ抜ける。ブザーがうるさい。センサーの感度があまり良くない。
  • 電子デバイス(班ごとの実験機材)の材料は、製作について
    • 不十分
      • 抵抗やトランジスタが足りませんでした。配線のコードもギリギリでした。
      • 最も、僕らのグループがコードを使いすぎなだけかもしれませんが…
  • 発表の際に,ツールを使った場合には,そのツールを教えてください
    • パワーポイント
  • 新しいデバイスの製作について
    • 該当する回答(複数可能)を残してください
      • 楽しかった
      • 勉強になった
      • またつくりたい
      • 時間が足りなかった(仕方のないことではありますが、授業ないではとても足りません)
    • 上記の答えについて、そのように答えた理由を教えてください。
      • (理由)実際に実物が動くプログラミング自体はLEGOのNXTで経験積みでしたが、NXTよりも拡張性が高かいと感じました。それ故に楽しく、勉強にもなりましたが、同時に「あれもやろう」「これもやろう」となって、時間が足りなくなる一因にもなりました。
  • 今後、より複雑な物作りの演習があった場合
    • まあまあ受講したい
  • 今回の製作を今後どのように活かしたいと考えていますか?
    • 様々なセンサーを使った工作が簡単にできることが分かったので、そのような選択肢が存在するということを頭の隅に残し、いざというときに思い出すという活かし方をしたいと思います。

授業全体

  • 班の人数について
    • ちょうど良い
  • 実験機材について
    • ちょうど良い
  • 教科書について
    • (英語で書いてあったので)難しい
  • 進め方について
    • ちょうど良い
  • どこが不十分であったか教えてください
    • 重要なことは口頭だけではなく、黒板に書くなり資料を配付してください。
      • 聞くことが苦手な人にとってはかなり不親切だと思います。
      • pukiwikiの存在に気づいたのは最終発表の日でした。
    • プログラミング中など、作業中の指示は十分に注意を自分に向けさせてからにしてください。
      • 作業に集中していて、話していることに気づかないことがあります。
    • 資料を配付するのであれば、全員分配布してください。
      • グループ内で内容を共有しにくいのです。
    • 教卓のところで話すときは、もう少し大きな声で話してください。
      • 菅谷先生とTAの人との話で聞かなくてもいいのか、全員に話しかけているのか、一瞬よく分かりませんでした。
      • 単純に声が小さくて聞き取りづらいと言うこともあります。
  • 内容について
    • とても満足
  • どこが一番(満足/不満)な点であったか教えてください.
    • Arduinoというとても興味深いものに触れる機会を得られた点
  • 授業の改善点があれば、ご記入をお願いします
    • 特にありません。内容自体はすばらしいものだったと思います。(上記のように、進行方法に不満はありますが…)

ご協力、どうも有難うございました。アンケートは授業改善に役立てさせて頂きます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-25 (水) 14:27:14 (751d)